髪の毛もダメージを受けると傷んでしまいます

huzinami
11/10/2020

髪の毛もダメージを受けると傷んでしまいます。どんな年齢の人でも起こりうる事なので原因を知っていると対策方法をつかめます。

理由の一つに縮毛矯正やパーマなどを時間を空けずに何度もしてしまって傷んでしまったという理由があります。やはりパーマや矯正に使う液体は髪の毛にダメージを与えやすいので、半年や2、3ヶ月に1度といったタイミングでしていくことが理想です。美容院でなくとも、自分で行うコテやドライヤーを当てすぎてチリチリの髪の毛になってしまったということもあります。

なるべく手早く行い時間をかけないようにする事がコツです。熱い熱を加えれば加えるほど髪の毛の質は落ちていきます。短時間で髪のセットを行うように心がければダメージを少なくしてチリチリ髪の毛を防ぐことができます。

また、髪の毛を洗う時の洗い方によっては髪の毛を痛めてしまう理由となってしまいます。力強く髪の毛を洗うのではなく、頭皮もしっかりと洗うような出るようにマッサージする様に洗います。そうすることで皮膚へのダメージを減らすことができ生えてくる髪の毛などへのダメージを抑えられます。最後は綺麗にトリートメントをすることでチリチリ髪を防ぎ艶を取り戻すことができます。